「エンプティチェア」体験記2:自分を受け入れて再構築する@ゲシュタルト療法・東京

スポンサーリンク

心理学仲間のおすすめで、「ゲシュタルト療法」の「エンプティチェア」を体験して、ものすごい気づきや発見をし、自分が再構築され、よしっ、顔出しするぜっ!ってなったです関口さなえです、皆さまごきげんよう!

の、その2です。

「エンプティチェア」体験記1:3人の自分と対話して出て来たものとは@ゲシュタルト療法・東京

エンプティチェア体験レポ

前回からの続き・・・突然流れた涙の理由は?

これまでの「私の心の在り方」がクッションで示され、

この状態がいいんだ!
監視され続けたいんだ!
監視なしでは生きていけないんだ!

と繰り返す私、ってところ。

でも心は、ぜーーーーーーんぜん、そんなこと思っていなかった。

だから、そんなことを言い続けているうちに、心が悲鳴を上げ始めたんです。

強い違和感が胸の中に沸き起こってきて、それは言葉のない涙になって、ぽたぽたと、頬を伝って流れ落ちて行きました。

その涙は「私を押さえつけないで!」「私はここにいる!」「私を自由にして!」という悲痛な叫び、憤り、怒り・・

ここで怒りの感情が出せたということは、私にとってはとてもとても大きなことでした。

怒ってはいけないと思っていて、怒りを感じる代わりに「わたし」を責めて生きてきたので。

考察:セッションが停滞するということ

ここでちょっと、心の学び的な考察を。

涙が出る直前まで、セッションが停滞しているような、行き詰まっているような感じがしていました。

頑なに監視員にこだわって、そこから前に出ようとしない感じ。

「行き詰まり」は、「自分の思うように展開していない」というプロセスが起きたということである。

中略

その人にとって新しい世界が現れたときにおこることなのだ。そのときこそ扉に手をかけた瞬間であると思ってほしい。

百武 正嗣 エンプティチェア・テクニック入門―空椅子の技法

今までエンプティチェアでこういった「停滞」「堂々巡り」を何度か体験し、そこで諦めてしまったり、停滞していることが申し訳なくて、なんとなく、望まれてそうなことを言い出したりして来た。

扉に手をかけていたのに、そこでやめてしまったのは、新しい世界を見たくない「恐怖心」が強すぎたから。

自己探求を深め、その新しい世界を見始めていた(本名名乗ったりした)からこそ、扉に手をかけることができたのだと思います。

記憶があいまいなんですが、多分ここでいろいろやりとりがあって、ファシリテーターさんが赤いクッションを再び遠ざけます。

もう監視員さんいらないかな?って感じだったかと。

これで私らしく生きていけるよね・・・・?

葛藤は、美しく、愛おしい・・・そして私の再構築

一旦セッションは終わりになり、参加者の皆さんからのフィードバックタイムになりました。

この「ゲシュタルト療法・東京」を主催されている、千惠子さんから、

千恵子さん:さなえさんの葛藤を「美しい」と感じました。

私はいつも、こういう葛藤を「ダメなもの」「未熟なもの」「恥ずかしいもの」「隠すべきもの」だと思っていました

それを、う、美しいだと!?

千恵子さん:「愛おしい」かな。

い、愛おしいだと!?

そのフィードバックを聴いた私は、思ってもみない行動に出ました。

「監視員」を自分の元に引き寄せ、そして、前ではなく隣に置いたです。

さなえ:私を押さえつける存在ではあるけれど、その判断力は頼もしいから、パートナーとして一緒にやっていけば、力になってくれると思う。

こういうのね、頭で考えてるんじゃないんですよ、不思議なんですけど。

さなえ:誰にでもいい人であろうとするいい子ちゃんも、人心の動きに敏感で、その敏感さが役に立つこともある。だから、一緒にいてくれれば力になってくれると思う。

と、自分を中心に、二人を横に置いた、新しい自分の形を作りました。

それは、自分の中で、混ざり合い、混乱した状態になっていた「いい子の私」「監視する私」「本当の私」を、一旦分離させて境界線を引き、そして最後に主体的に再構成、統合するという、なんだかもう、すごい展開に。

この時、私は生まれ変わったな、と、確信しました。

そこでね、前々から決めてはいたのだけれど、顔出しするぞ!って。

やらなきゃいけないって言うより、そうしたい!さなえちゃんを前に出したい!顔出したいって思ったんです。

↓これまでの私。これじゃ、顔出す気にならないでしょ(笑)

これまで自己探求を繰り返し行って、何度かエンプティチェアで停滞して、その先に何かがあることを感じつつ、恐怖心に負け続けて来た。

でも、実はその過程で、少しずつ自分が変容していった。

そして、実際に本名を公表するという大きな一歩を踏み出して、顔もそのうち出すぞ、と腹をくくった。

そして今回、ファシリテーターさんや参加者の方の作り出す場の力が素晴らしいのもあり、その扉に手をかけることができ、これまでの全てを総括するような展開になった。

人は、出会うべきものに、出会うべき時に、出会うように、なっているんですね。

世界は自分の心の中を投影したもの

その後さらに、自分の口から出た言葉にびっくりした。

さなえ:いい人のさなえちゃんは、自分のいいところだけ見せている、表に出していい、ブロガーの櫻田こずえだと思う。そして、赤いクッションは、ブロガーの私を批判する人達、ヲチスレだと思う。

注)ヲチスレとは悪口掲示板
私とヲチスレの関係はこちら記事をどうぞ
ブログを書いていて一番つらかった時の話

こずえとさなえの関係についてはこちらの記事をどうぞ
「こずえ」か「さなえ」か問題

今までずっと、こずえちゃんの後ろに隠れ、ヲチスレを恨み続けて来たけれど、それは自分の中の「いい子」と「監視員」を映し出してたんです。

その「いい子」と「監視員」を切り離すのではなく、「私の中にある」ことを認めて、自分の中に受け入れて行こうと思います。

「監視員」的な存在は、何かと衝突してしまうクラスの女子、嫌いな同僚、苦手な上司・・・ブロガーになってからはヲチスレと、形を変えていつも存在していた。

なぜなら、原因は自分の中に、監視員を必要とする自分の心の構造にあったから。

世間や常識も「監視員」かもしれない。

ずっと前から、自分はなんでこんなにダメで、こんなに生きづらくて、苦しいんだろう・・・って感じていたけれど、それは自分が悪いからで、当たり前で、どうしようもないことだって思っていた。

ヲチスレの存在が私を苦しめ、名前問題に悩み続けたからこそ、自己探求を始めることができ、この心の構造の問題を、理屈だけでなく実感として感じることができ、そして再構築することができた。

人間、窮地に陥らないと、1年で100万以上かけて勉強したり、1カ月仕事等放り出して、どうにかしようなんて思わないじゃないですか(笑)

そう思えば思うほど、ヲチスレに感謝・・・なんてできるかコノヤロー(笑)

他人軸→自分軸で生きる

自分の中の監視員と仲良くなればなるほど、

(端折って飛躍するけど)自分を無条件で愛すれば愛するほど、

他者の批判や意見は気にならなくなるって、

他人軸から自分軸で生きられるようになるって、

知識としては知っていたけど、初めて、身体感覚を持って心底納得しました。

人生の後半は、自分軸で生きるぞ~♪

ここで、改めて百武さんの言葉を再確認。

エンプティチェア・テクニックでは、一人の人間がサイコドラマを演ずることで、自分が葛藤している他者、分離している自己は、すべて自分自身がつくりだしているものであることに気づき、それらを統合するに至るのである。百武 正嗣 エンプティチェア・テクニック入門―空椅子の技法

ほんともう、その通りの、素晴らしい体験を頂きました。

ゲシュタルト療法・東京

私が受けたのは、ゲシュタルト療法・東京の、グループで行う「気づきのワークショップ」です。

ゲシュタルト療法が初めての方でも参加できます。

世田谷のセミナーハウス「リキハウス」は落ち着いた環境で、自分と向き合うには最高の環境です♪

後で知ったのですが、百武さんはこちらでセミナーをされているそうです(経験者向け→こちら

今回、やわらかく、優しく、包み込むよう寄り添ってくださった、ファシリテーターの水野さん、

そして、この場を主催してくださっている、そして統合のきっかけとなる言葉を下さった田中千恵子さん、

本当にありがとうございました!

30+
タイトルとURLをコピーしました