大塚あやこさんとの出会い★ビリーフリセット:心の学び紆余曲折1

スポンサーリンク

そろそろ、1年半くらい前から今に至る、心の学びの紆余曲折について、振り返りながら話そうと思う関口さなえです、皆さまごきげんよう!

はいもう、ただ一方的に話したい。

話すことによって、整理して、消化して、そしてまた、前に進む糧にしたい。

そんな、ながーい独り言にお付き合い下さる方がいらっしゃったら、幸いです。

ありがとうございます。

こんな現実を変えたい!

私の現実世界はダイ・ハード?

2018年の夏、私の心は疲れ果てていました・・・感傷的な表現ですが、でも、本当に疲れ果てていました。

なぜ自分はいつも、何かに追われていて、何かと戦っているんだろう。

走る後ろはがけ崩れを起こし、走る先には敵がいて突っ込んでいくような・・・

そう、ダイ・ハードの世界に生きている感じでした。

そりゃ毎日ダイ・ハードって、疲れるよね(笑)

もう長い間そうやって生きて来たので、それが当たり前、「現実」だと思い込んでいました。

でも実は、崖も敵も、全部、プロジェクションマッピングだったんですよ、投影。もしくは、自分が作り上げた映画。

追って来る危機も、向かってくる敵も、「誰かの仕業」ではなく、自分がこれまで作り上げた世界観の「自作自演」に過ぎない。

人生という壁に投影していたのは、ただただ、自分の心の「在り方」だったんです。

「現実」を変えたいなら、何を変えればいいのか

だから、苦しいと感じる「現実」を変えたいなら、自分の外にあるものを変える(崖を補強する、強くなって敵を倒す、ジョン・マクレーン(ダイ・ハードの主人公)を呼ぶ)ことではないんですね。

自分の内にあるものを変える=自分が作り上げて来た世界観を変えれば、投影される「現実」は自ずと変わってくる。

そこを変えなければ、いくら外にあるものを潰しても、手を変え品を変え、同じような苦しい「現実」が投影され続ける。

そんな心の仕組みを教えてくれた、出会いについてお話しようと思います。

ビリーフリセットとの出会い

ビリーフリセットって何?

まずは、ビリーフリセットがどんなものか、例を交えて引用をつなげてざっくりご説明して頂きます。

無意識にかけている心のブレーキ
非合理なメカニズムで動いている思考パターン
それが「ビリーフ」というものです。

ビリーフにはいろいろ種類があるんですが、例えば、

「自己否定コア・ビリーフ」とは、人間として生まれ、親との関係性の中で育つ限り、誰もが根底にプログラミングしてしまう自分に対する否定的な感覚。
子どもゆえの幼い解釈で思い込んでしまった「自分と他人と世界への誤解」なのです。

誤解でできたビリーフが、今の現実を作ってるんですね・・・例えば、

「自分はダメだ・・」という感覚にいつも悩まされる人がいたとします。
その人は、事実本当に「ダメ」なのではなく、「自分はダメだ」というビリーフがプログラムされているから、「やっぱり自分はダメだ」という現実がいつもやってくる・・・
そのようにとらえるのです。

いわゆる、現実を「引き寄せる」ってそういうことなんですね。

でも、そんな世界観、ビリーフって、どうしたらいいんですか?

ビリーフとは、潜在意識に入ってしまったプログラムです。
プログラムであるならば、それは「あなたそのもの」ではありません。
あなたを困らせていたビリーフを見つけ出し、あなた自身が「もういらない!」と決意すれば、手放して取り除くことができるものです。

そのことを「ビリーフリセット」と言うんですね。

大塚あやこさんサイト:ビリーフリセットとは
一般社団法人:ビリーフリセット協会
より

私には、ある種の「ビリーフ」が、ダイハード的な人生を規定してしまっていたので、「やっぱり人生ってとってもハード」という現実を作っていました。

そんな「ビリーフ」を見つけて、手放そうとするんですけど・・・「もういらない!」と決意するのって、これがなかなか難しいんですけどね。

大塚あやこさんとの出会い

これまでこのブログに書いてきた通り、ゲシュタルト療法とか、ヒプノセラピーとか、傾聴は、確かにその「自作自演」を知って解放する、大きな一助になりました。

「エンプティチェア」体験記1:3人の自分と対話して出て来たものとは@ゲシュタルト療法・東京 

ヒプノセラピー(催眠療法)初体験記2★私が生まれてごめんなさい~生まれて来なかった兄との対話~

父への2時間傾聴で学んだこと1★傾聴してて疲れる理由・生まれてこなかった兄は、実は!そして自分への傾聴

でも、私のすべての変容のベースにあるのは、大塚あやこさんの提唱される、この「ビリーフリセット」という考え方です。

大塚あやこさんに出会えなかったら、今の「解放された」私はありません。


#向かって右があやさん
#左が私・・太ったんじゃない、むくんでるだけだと言い聞かせる今日この頃です

最初「ビリーフリセット」を学ぼうとして彼女を訪ねたのではなく、とあるブロガーさんの講座に通ってみたら、彼女との共同開催の講座だった、という出会いでした。

問題は「やり方」ではなく「あり方」にある

その時私は、目の前の問題を、自分の心の「在り方」の問題ではなく、自分の「やり方」の問題だと考えていました。

繰り返しになりますが、ダイ・ハード的な状況を、どう切り抜けるか、戦う方法や戦略、ジョン・マクレーンになる方法等、ノウハウを学び行動すれば、現実を変えられると強く信じていたのです。

だから、目標設定とか、SNSとかSEOが必要なのであって、「心と向き合うこと」なんて、自分には必要ないとさえ思っていました。

しかし、彼女の講座で心と向き合ってみて・・・衝撃でした。

そのダイ・ハード的な現実世界は、自分のビリーフが作り出したものであって、現実ではないなんて!

自分自身の内面を変えれば、敵はいなくなるってこと?ほんとに?いやまた・・・ウソでしょ、きれいごとでしょ?

納得するまで時間がかかりましたが、そこが私の人生の転機でした。

コアビリーフ 無料診断

あなたが今抱えている苦しみも、自分のビリーフを見つけてリセットすることで、原因だと思っていた人や状況は変わらなくとも、解消することができるかもしれません。

簡単な無料診断もあるので、是非やってみてくださいね。

ビリーフリセット協会:コアビリーフ 無料診断
#結果はメールで送られてきます

ちなみに私は「欠陥・無価値・罪悪ビリーフ」がトップ3です。

これらがダイ・ハード的な人生を作っていたんです・・・納得。

ということで、この先どう書き進めたらいいのか分からないまま、次回に続く!

あ、1月に入門セミナーやるってよ!

1/26(日)ビリーフリセットワーク入門セミナー(受付中)@東京

ちなみにあやさん、芸大卒の作曲家でもあるんですよ!

そんな彼女の 2020年 これからの予定 で、セッションやセミナー、ライブ予定が見られます。大阪でもワークショップされるようですよ!

10+
タイトルとURLをコピーしました