顔を隠すということ

スポンサーリンク

今までの44年間を振り返ることが最近多い、関口さなえです、皆さまごきげんよう!

現在の悩み事って、その起源は過去にあるから。

そして、こんな苦しい心を抱えて、よく頑張ってきたな~って労わってあげています。

さて、そんなさなえちゃん、10月の終わりにここで「櫻田こずえは関口さなえだ!」と、叫びまして、

【2019.10.30】 心のブログ始めました 

長年の重圧(ブログを書いているこの10年より昔の重しも)がかなり取れたのですが、

もう一つ、気にし続けていることがあるのです。

それは・・・

自分の顔にモザイクかけ続けている問題

はい、顔隠してます、ブログ開設当初から。

ずっと本名と顔は「ダメな自分の象徴」であって、とにかく隠さないといけないという、(勝手に自分がかけた)ものすごいプレッシャーがありました。

モザイク櫻田こずえ:世の中に見せていい方
素顔の関口さなえ:世の中に見せちゃいけないダメな方

そんなおかしな状態でコソコソ生きてました。

私は何をそんなに自分にダメ出ししてるんだろう・・・って、前回も言ってたな。

こずえ:世の中に見せていい方
さなえ:世の中に見せちゃいけないダメな方
【2019.11.13】 「こずえ」か「さなえ」か問題 

顔バレしたらヤバいって思い込んでる人の相撲観戦

我ながら何やってたんだろう、何をそんなに恐れていたんだろうと思うんですけど、相撲観戦を例に、そのアホさ加減をご紹介します。

いやもうほんと、写真なんていろいろ流出してるんだけどさ・・・。

・両国国技館に相撲を観に行く

・時折、客席が誰か分かるくらいアップでTVに映るのですごく心配
(ほんと、恐怖なんです、漠然とすごい恐怖心、でも、石浦見たい。)

・全部録画(4時間くらい)しておいて、アップで映っていないか確認
(これがわりと時間かかって大変)

・一安心して観戦レポを書く
(書かなきゃいいのに、書かないと逃げてる気がしてしまう)

いや、私だと一目で分かるくらいアップで映っていたら、観戦レポは書かなかったと思います。

だって、私かなと気づいた人がもしいたら、観戦レポで私だと確信して、画像を拡散したら困るし。。。

をいそれ、どんな確率よwww

そんなにお前のこと探してるやつなんていないよwww
(ブログにも目撃情報を何度か頂いてたし、いろんな方いるし、本当に怖かったのよぉ)

もう、頭おかしい。

なんでそこまでおかしくなっちゃったのかって・・・

結局「自分を誹謗中傷し続けて生きて来た心の在り方」に行きつく

自分自身で、自分を批判、いやもう自分を誹謗中傷し続けて生きて来た心の在り方が、この世界に投影されている。

やっぱりどっから掘っても、ここにぶつかるんですよ、「自分を誹謗中傷し続けて生きて来た心の在り方」が!

私は人に笑われるほどブス

特に外見に関しては「自分はブスで、鼻の毛穴はぐちゃぐちゃで、汚い存在だ」ということを、小さい頃から刷り込みまくってきました。

電車で誰かが笑っていると、自分の顔や毛穴が笑われているような気がして、電車降りちゃってたのも(20歳前後)、自分の心の在り方が、他者に投影されてるんですよね。

自分は笑われるほどブスだと思い込んでなきゃ、笑ってる人見て「あの人私の顔見て笑ってる」なんて思わないですから。

そんな顔を、世界に向けて発信したらヤバイです、世界が私を笑ってる!とか思い始めて、気が狂っちゃうでしょうね。

私は罪深く価値がない人間だ

ブログを始めた当初は、顔を出してブログ書いている人なんていなかったんですよ、そもそも。

その後、何かとプライベートを暴こうとする方々(隠されると暴きたくなるよねぇ)の存在もあって益々怖くなって。

でも、そもそも、そういう自己認識を持ってたから、ハマっちゃったのよね。

・自分の外見に対する自己否定(↑ブスの話)
・自分の内面に対する自己否定(罪悪感・無価値感・存在否定)

特にこの半年くらい取り組んでいたのは「罪悪感」かな。

自分は罪を持って生まれているから、表に出たら虐げられ、罰を受けてしまう・・・そんなこと、無意識で思ってたなんて知らなかった・・・逃走犯かいっ!

で、さらに、

世界は怖いところだ

・自分のいる世界を否定

世界は安全なところだと思っているか、怖いところだと思っているかで、人の言動は180度違ってきます。

私は「世界は怖いところ」だと思って生きていたらしいです。

自己否定していると、そんな自分は隠さなきゃいけない=世界は怖いになる、って話はナリ君、よろしく。

これまで:隠し事=世界は怖い=不安=悩み。

これから:出せる=安心=世界は優しい=自分らしい。

ナリ心理学を参考に書きました:■人に絶対に言えないこと

「世界は優しい」に定義を変えると、出せる、になる。

思い切って出しちゃうと、世界は優しいって実感できるから、安心して、自分らしくいられるようになる。

少しずつ、世界は優しいって、思えるようになって来たかな・・・だから、

私が関口さなえです、今後ともよろしく!

これ、「2018年の11月の今日の装い」記事なので1年前なのですが。

いや、本当は、顔出しする時は、資生堂のフォトスタジオで超美人に写真撮ってもらって、それを公開するつもりでした。

でも、実際会ってみたら、あららら・・・ってのもねぇ、と思って、ひとまず、比較的整った、手持ちの画像を公開。

ちなみに、2019年11月2日の、素の表情の私はこんな感じです。

2019年弦楽器フェア★聴いて触って発見して、チェロ満喫の一日でした!

これだと、オフ会等でお会いしてる方にも、あぁ、櫻田さんだな~、って感じて頂けるんじゃないでしょうか?

自分が一番恐れていることこそ、やる

Sometimes what you’re most afraid of doing is the very thing that will set you free. by Robert Tew

「怖くて絶-----対できない!」って思ってること”こそ”が、あなたを解放してくれることってあるんだよ。(私の適当訳)

この言葉、実は、2017年のお誕生日に作ったコラージュに入れてたんです。

【2017.07.05】42歳のお誕生日ステイ2017レポ★インターコンチ@みなとみらい

この、右上の細かい文字が、それ。

心の奥、無意識の領域では、これが自分にとって、非常に重要なことだって、分かっていたんだと思う。

その意味を本当に理解して実行するまで時間が掛かったけど、そのプロセスも含めて全てが愛おしい・・・

と思えるようになったゲシュタルト療法のセッションを、次回ご紹介しますね。

そうそう、美人ブログで、2012年と2018年の写真を比較してますので、是非見てやってください。

【2019年11月28日】櫻田こずえ6年の変化を顔写真で比較~今さら美人になれたのか?~

必見です。

90+
タイトルとURLをコピーしました